江戸時代の地図

佐竹商店街は東京都台東区台東4丁目春日通りから南の台東3丁目清洲橋通りに至る
全長330mの全蓋式アーケードの商店街で 
近くて便利な商店街として皆様に親しまれています。
佐竹の歴史は明治の初年に秋田藩の屋敷跡に見せ物小屋、寄席、飲食の屋台等が並び、
盛り場としてにぎわい、下町情緒豊かな商店街として発展を続けてきました。
現在も年間に色々なイベントを行い、お客様によろこばれています。


大江戸線、つくばエクスプレス「新御徒町」駅A2出入り口が商店街の入口にあります。